1階の和室の大工工事 (古民家リノベーション

1階の和室は丸太の柱が奥の部屋だけ通っています。

手間の和室の天井は剥がさずそのままボードを張ることにし、奥の丸太の部屋は、天井むき出しの状態で雰囲気を造ることにしました。

だんだんと雰囲気が出てきました。

仏間も解体せずにそのまま残すことにしました。



先日、捲った綿壁の部分はそのままにし、天井から上の壁部分はボードを張ることにしました。

(電気の配線などが通っており、施行が大変でしたが。)

やはり、丸太の柱が雰囲気を出しています。

築40年以上も経過している物件の特権かもしれません。