HOW TO!? 瑕疵担保責任とは?

「瑕疵担保責任」とは、物件に隠れた瑕疵が発覚した場合に、売主が買主に対して損害賠償等の義務を負うことです。 

ここで言う「瑕疵」とは、買主の不注意などでなく、購入してから発覚した物件本来の欠陥を瑕疵と呼びます。例えば、トイレや水周りの性能を売主が保証していたにも関わらず、購入後すでに故障していた場合などは、売主側に瑕疵担保責任が発生してきます。 新築物件を購入する場合には、メーカー側で一定期間保証しているケースがほとんどなので、トイレやお風呂などの細かな故障などは気にしないかもしれませんが、中古物件となるとそのようなメーカー保証がすでに期間をすぎているケースがほとんどです。 瑕疵担保責任というのも定義が難しく、購入する前に契約で欠陥が出てきても売主は一切責任を負わないとする特約をもうけるケースも多いのが事実です。 したがって、瑕疵担保責任という法概念があっても、中古物件を購入する際には、自ら購入前に調べれる箇所は必ず調べて、納得した上で購入した方が良いでしょう。
また、10年ほど前に、耐震偽造で建築されたマンション(姉歯一級建築事務所)がニュースで世間を騒がせていました。 あのケースは違法で建築されたマンションと知らずに購入し、後に耐震基準を違法されたと買主は知らされました。 もちろん、買主側に責任はなく、売主である建築会社の瑕疵担保責任が発生したことになります。 「瑕疵担保責任」の典型的なニュースです。